犬を首輪に慣れさせる方法

犬を首輪に慣れさせる方法

首輪は犬が一番最初に出会うアクセサリーなので、正しくそれに慣れさせることがとても大事です。

トレーナーは犬に近づいて、名前で呼んで、犬が嗅ぐように首輪を見せます。犬に優しくしながら、気づかないうちに首輪を装着してみて、犬の注目をゲームに切り替えます。3-5分後、首輪を外すと、犬は首輪がイコール優しさと意識し始めます。


この練習を数回繰り返して、毎回首輪の装着時間を長くしてみてください。首輪が窮屈だったり、摩擦したりしないように注意してください(首輪が装着されたままで、2本の指が自由に通せる状態が正しいです)。

その後、首輪にリードを繋いだままで犬が自由に歩く練習をしてください。犬を撫でながら、短引きリードを繋いで、散歩に出かけてください。

散歩、ゲーム等は通常犬の注目を切り替えて、犬は首輪やリードにあまり反応しないです。リードを急に強く引いたり、犬の動きをいきなり制限しないことに注意してください!

犬がリードや首輪に対して怖い反応を示している場合、犬の注目を切り替えてください。

次、リードを短くしながら、犬の動きは自然的で、自由だと確認してください。 最初から短いリードにすると、犬がこれからの散歩に対して不安になる可能性があります。

最後、長いリードの練習に移ってください。トレーナーは犬の前に移動して、リードが絡まったり、ものに引っかかったりしないようにチェックすることです。

首輪とリードを問題なく装着できるし、犬が首輪を外したりしないし、落ち着いて首輪とリードで動いている状態は練習の最終目標です。

犬を首輪やリードに慣れさせる間に、次の間違いはよく発生するので、注意すると良いです:

① 首輪の装着加減(締め過ぎ若しくは緩過ぎ)
② 首輪の装着方法は荒い
③ 急にリードを引くこと
④ 強制的に行動させる
⑤ 犬が首輪やリードと遊ばせること



5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan