犬用首輪の初歩

犬用首輪について知っておきたいこと


犬用首輪犬用カラー)は犬の日常で必要不可欠な犬グッズです。

現在、定番の革の首輪から貴石をちりばめた豪華な金属製カラーまで、どんなこだわりにでも応える数々の犬用首輪の種類があります。今回、使用目的と素材によるカラーの種類について少し触れたいと思います。


   革首輪   


革の首輪はお散歩、犬訓練、飾りとして使えます。犬の年齢と大きさに応じて首輪の幅をちゃんと考えて、犬 首輪を選ぶ必要があります。幅が広いレザーカラーは超大型犬、大型犬に一番向いています。長毛種の場合、チョークカラー系丸紐タイプの首輪がおすすめです。このタイプの首輪チョーカーとしても、通常の首輪としても使えます。ただし、革製丸紐状首輪は結構硬いものでないとだめです。

本革は分厚く、ひび割れがなく、乾燥させ過ぎていない状態、すべてのリング、バックルは溶接されているものは適切です。また、よく革首輪に、緊急状態に必要な情報が入っているIDカプセル迷子札を付けることができます。


金属製犬用首輪

      


金属首輪は短鎖環から長鎖環までのものがあり、合金から作られています。スムースコート犬種の場合、数連からなるチェーン型のカラーも美しく見えています。金属チョークカラーとは、リードを引っ張るときに締まる構成をもっている犬 首輪です。訓練やしつけの際、犬が激しく引っ張るときに、犬に合図を送る手段として効果的です。また、公共の場で移動する際、安全を守るいい方法です。

      



      

働きはチョークカラーの構成に似ています。犬訓練のとき、犬により強い刺激を与えるために、使われています。その刺激は、母犬の口に与えられた感覚の真似です。一見見たら、虐待器具しかイメージしないかもしれませんが、常識内で、正しく利用できたら、しつけに非常に有効なツールです。ただし、日常使用で不適切に使うと、犬が慣れ過ぎて無反応になる可能性がありますので、慎重に導入したほうがいいです。

       

ネックテック型ピンチカラーの場合、ピンが短いので、長毛種に向いていないです。また、力強い犬の場合、ピンが傾いたりする可能性があります。鉄線型ピンチカラーは、異なる長さと傾きのピンを持っている種類があります。このタイプはよくナスカンとチェーンが付いています。特に被毛が豊かな犬種に向いていますが、犬を直ぐ首輪で掴みたいとき、チェーンは不便です。

                


弊社の人気商品TOP10をぜひご覧ください!

5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan