犬のリード~長さを考える~

犬のリード~長さを考える~

     ロングリード 
         

    本革製長いリード     ヌメ革製長いリード   ナイロン製長いリード

 
    短引きリード




本革製短いリード


 多機能リード(長さが調節可能なリード)
      
   本革製多機能リード    ナイロン製多機能リード   多機能ラバーリード

 
 飼主と犬が外出するとき、両方の気分に影響する沢山の刺激に遭うことが回避できないです。多くの飼主はそのことをあまり意識せず、どんな状況にでも犬から完全服従を期待しています。

 通常犬を飼主の横に走らせることが一般的です。このような位置はウォーキング練習の基本ルールです。練習のため、多くの飼主は短引きリードを使っています。

 しかし、大多数の飼主は自分の後ろにいる犬を引っ張り歩く癖があります。その時、短引きリードは長いリードより便利ですね。勝手に好きな方向に引っ張り続けたり、飼い主が犬の行きたい方向が分からない時に吠えたり、誰でも好きじゃないですね。更に、犬は歩く時に、人が想像できない数々のストレスにかかっていることも意識する必要があります。ウォーキング練習はその不愉快な態度を回避するコツです。

犬のリードの長さは犬にも飼主にも色々影響しています。たった一つのの小さなリードで、数々のトラブルを起こす可能性があります。

1.短引きリードの場合、犬は実際もっと引っ張ります。犬とは、常に何かの匂いを嗅いだり、縄張りをマーキングしたりしている存在です。これは、人に影響できない犬の本能です。

2.時々、犬は飼主、他の人や物から十分に離れたスペースが足りないです。犬にとっては、自分のテリトリーが非常に大事なもので、誰でも侵入しないスペースが必要です。

3.他の犬とすれ違うときに、愛犬は他の犬と挨拶したり、嗅いだり、威厳を保って一緒に歩いたりしますね。犬はこの気持ちを、真っ直ぐではなく、少し横切って歩く行動で示しています。お互いに平和な気分であることのサインです。他にも、友好的な気分を表すサインが沢山あります。例えば、舐めたり、横を向いたり、ゆっくり歩いたりすることです。飼主は短引きリードで犬を引っ張ることで、そのサインを自由に示すことを妨げています。つまり、ストレスが発生し、犬たちはいきなり気が荒くなり、お互いの気分を誤解してしまう可能性が高くなります。もし、このようなパターンがよく起こったりしたら、愛犬は他の犬に対してアグレッシブになります。要するに、飼主と犬の散歩はストレスの発生源として認識されます。犬にも、飼主にも不愉快なことですね。

犬用ショルダーリード

4.犬用カラーリードは不適切に利用されると、犬の気管、首の筋肉と骨に大きな負担がかかります。70%の場合、背中の痛み、行動のトラブルを起こします。

5.多くの飼主は犬を自分の近くで歩かせることで早く犬の服従を得られると誤解しています。実際、犬は叱られることが怖く、不安な状態になります。





犬用リードはしつけの道具ではないです。犬が自由に歩けない場所、必要に応じてコントロールするツールだけです。しつけがよくできた犬は声をかけることだけで、すぐ飼主に来ます。つまり、犬が引っ張らず、ストレスにかからず、短引きリードで問題なく犬を誘導できます。

長さが3mのリードで歩き、方向を変える必要があるとき、犬に声をかけてみてください。優しい声とアイコンタクトでコミュニケーションしてください。リードの長さに関係なく、飼主に従うしつけがつきます。

家にもこの練習をすると良いです。優しい声で犬を呼んで、正しく行動したときに褒美をあげます。次、飼主に従う練習してください。犬との関係は信頼性があったら、成功します。近い内に、愛犬との散歩は楽しいコミュニケーションになります。

もしろん、犬がイライラしたり、いきなり興奮したりすることもあります。その時、散歩の練習をする前に、このような行動の理由を調べてください。



大人気の2wayリード、短引きリードとして、散歩リードとして両方ご利用いただけるアイテム!リードの長さが両立!

5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan