FCIの国際作業犬試験 IGP

3万6千年以上前から犬は人との密接な関係を持っています。犬の家畜化によって、私たちの現代生活には犬が色々な分野に存在しますので、我々は犬の幸せのために責任を持って、犬の世話をする必要があります。

犬の訓練をしたり、ドッグスポーツを行ったりする場合、犬との信頼感が大切です。そして、人と犬との間にハーモニーがあったら、トレーニングの時に人が犬に学ぶための情報を与えます。それぞれの犬の理解力と才能をしっかりと理解した上で訓練しないといけません。 その訓練の結果を検査するためにFCI国際作業犬試験IGPが存在しています。


FCI国際作業犬試験IGPFCIの国際訓練試験IPOの新しい名前で、その名前と規程が2019年1月1日に適用されました。IGP(アイジーピー)はドイツ語のInternationale Gebrauchshunde Prüfungsordnung(インテルナッツィオナーレ・ゲブラウフスフンド・プリューフングゾルドヌング)の頭文字をとった国際作業犬試験IGPのことです。それはFCIの(国際畜犬連盟)の規程に基づいて行われる訓練試験です。

IGPには3つ課目があります。それはIGP1,IGP2,IGP3です。課目は「足跡追及」「オビディエンス」「防衛」です。


足跡追及の時に犬は嗅覚を使って足跡追及します。各犬は違うコースをたどって、コース上の物品を見つけます。ここでは犬の作業の確実性が試されます。

次は、オビディエンス服従です。指導手の指示に従い、脚側行進ダンベル持来招呼などを行い、指導手へのオビディエンス能力がチェックされます。


三つ目は、防衛です。襲撃してくるヘルパーに怯むことなく攻撃を阻止したり、逃走するヘルパーの動きを規制したりします。指導手の指示に従うアビリティをチェックしながら、犬自身の判断力も試験されます。
この3つの課目を通して犬の作業欲勇気オビディエンス落ち着いた判断力チェックされます。

各課目は100点満点です。一つ一つ課目で70点以上得点できれば合格可能です。犬は得点のも元で評価されます。

FCI国際作業犬試験IGPに1回の試験で1科目だけ試験されますので、合格したら、次の科目に参加できます。

受験できる犬の年齢についてですが、IGPⅠは生後18カ月1日以上、IGPⅡは19カ月1日以上、IGPⅢは20カ月1日以上です。

Dog Shop Japanで、Fordogtrainersの犬訓練用品を幅広く取り扱っております!

犬の訓練用具がいっぱいありますので、よろしければご覧ください:

訓練用犬 ハードル(木製)攻撃訓練用殴打ムチショート型犬 片袖(フレンチリネン製)警察犬訓練用テント(シュッツフントトライアル標準)若犬用噛むパッド(40x30cm)三つのハンドル付噛むクッション(33x23cm)プロフェショナル犬訓練用片袖上級訓練用片袖(プロ用)犬 訓練 ダンベル(650g)丸型フレンチリネン噛むタグ犬訓練用鳴りムチ(ハンドル付き)防衛訓練用鳴りムチ(木製)
5% Banner
Copyright © 2019 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan