超大型犬を飼う②

~超大型犬との暮らしの色々②~

超大型犬 しつけとふれあい

超大型犬はサイズが大きく、力も激しく、飼い主のコマンドをしっかり聞くために、しつけと訓練が必要です。超大型犬の中で、知的能力が良い犬種が多く、比較的にしつけしやすいです。また、お出かけのときに、周りの人も考えると、ドッグオーナーさんの指示を素直に聞くことが非常に大切になりますので、ドッグトレーナーと相談し、適切なしつけ計画を立てることが大事です。

また、超大型犬は少なくとも1日で1-2時間程度の運動が必要で、一緒にジョッギングすること、おもちゃとの遊びをすること、体と知的能力を使って、超大型犬とのふれあいを多様にすることが良いです。


超大型犬 トイレ

超大型犬のオシッコ量が多いので、トイレートシールを大サイズで数枚合わせて敷き詰めることが必要で、トイレトレー、トイレシール等、コストが通常の犬よりかかりますので、飼育予算を余裕を持って計画することが良いです。

超大型犬 洋服

超大型犬は背が高く、力がありそうで、防寒対策が必要としないように見えていますが、意外と多くの犬種は寒さに弱く、体が大きいため、寒くなるところが多く、専用の服が必要になります。超大型犬向けのナイロンコートはもちろん、ポンチョが日常用品の一環にすることが大切です。また、夏場のときに、水遊びがされたい方には、ライフジャケットも用意することが大切です。

超大型犬のファッションも楽しむドッグオーナーさんもいますので、ロンパースフリースセータージャケットパーカーからタンクトップタキシードまで、現在非常に可愛い超大型犬洋服が幅広く、寒さ対策にもなりますし、わんちゃんとの日常もより楽しくなります。更に、お出かけの際、犬にリュックを付けて、犬の献身心のニーズも満たし、必要な犬用品もいつも近くに持ち運べることができます。


超大型犬の毛のケア

超大型犬のトリミングは料金が高いため、ドッグオーナーさんの予算の中で、フード代に次いで、お金がかかる日常の一環です。また、多くの犬種は定期的にケアしないと、臭みの問題が発生しますので、臭み消しに、タオルで毛をしっかり拭いたりブラシング、また最低限月で1・2回シャンプーとコンディショナーを使って、毛の手入れすることが必要になります。

超大型犬は、上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)がある犬種がいますので、抜け毛が問題に直面する飼い主さんが多く、毎日のブラッシングを初め、定期的なカットも必要になります。

グルーミングウォーター、マッサージ用のブラシ、バス用のブラシを使ったり、犬の毛玉取り、毛のケアが更に効果的になります。


超大型犬のフード

超大型犬は体が大きいですが、意外と、1キロに当たるエネルギー分が大きくないです。その分、骨格には、カルシウムをはじめ、ミネラール分が多く必要とします。ただし、お腹が非常に敏感な犬が多く、それぞれのわんちゃんに個別にフードを選択することが必要です。

超大型犬の市販フードは、飲み込みを減らし、しっかり噛み砕くことを促すために、大粒に仕上げられています。


また、カルシウムの摂取分が高いため、他のビタミンも入っているサプリを与えることが犬の体に非常に良い影響を与えます。また、超大型犬の中で、知的能力が高い犬種が多く、メンタルヘルスのケアも大事で、ミネラル補給の他、退屈、分離不安防止、ストレス解消にも効果的な知的が玩具も使うことがよいです。


5% Banner
Copyright © 2018 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan