犬口輪-ストレスなのか?~海外犬先生に聞く~


犬 口輪って犬にとってストレス? ~世界で有名なドッグトレーナーの意見~


犬 口輪を付けたらどうなるとか、口輪が犬にとってストレスなか、痛いなのか、口輪が付けられている犬が怖い、可愛そうなど、マズルガードに対して、様々な悩み、考え方、意見があります。

今回は世界でトップクラスのドッグトレーナーの意見をご紹介します。



意見①

有名なシーザー・ミランの意見によると、犬が攻撃性を示す性格で、そして犬にとってストレスがかかる環境にいる場合、口輪がいいアイデアだと指摘しています。獣医師診察、人や他の犬が沢山いるところは犬にとってもとても大きなストレスです。

 ただし、犬口輪はトレーニングと社会化の代替策ではないです。他の犬に対して攻撃性を示す犬は精神的リハビリが終わるまで、犬公園とかに連れて行かないことが絶対です。口輪の装着がもっとストレスを与えるし、リハビリのプロセスが更に長くなりますので。

 どんなタイプの口輪が良いことについて、シーザー・ミランの意見によると、メッシュタイプの口輪が良いです。


ただし、忘れてはいけないことは、装着の時間が、犬の体温と活発度によって、20分までに限られたほうがいいです。わんちゃんのコンフォートを常に監視して、吸収しにくくなったりする症状が出たら、口輪を脱いでください。

 また、大事なのは、口輪の装着が嫌なことと連想させないように、いつも明るくて、良い気分でいることです。

 理想の世界で済んでいることじゃないので、口輪のようなものがときどき必要になります。でも、口輪というものはあくまでもツールなので、すべての用具と同じ、効率的に機能するために、正しい使い方が大切です。 


意見②

アニマルプラネットのスターであるザク ジョージというドッグトレーナーの意見によると、口輪が怖いもの、犬にとってダメージを与えるものとしてよく思われていますが、犬が楽で、気持ちよく口輪の装着ができると主張しています。

 他の犬と交流があまりなく、ある程度の攻撃性を示す犬でも問題なく口輪の装着ができます。

公共の場で移動するとき、どんなことが起こるか、なにに覚悟したほうがいいか、分からないので、適切な準備ができないです。なので、皆の安全を確保するために、口輪の装着が大切です。獣医師に行くときにしても、トリマーに行くときにしても。

トレーナーによると、可愛い形で、着脱も簡単なので、バスケット型の口輪が良いです。更に、水飲みもできますし、おやつをあげることもできます。犬にとってもとても優しいタイプです。 ただし、長時間でも装着、監視がない状態で犬を放置しないことが大事です。

                 

 犬が口輪の装着に対して、やる気、興味を持たせるために、次の方法を挙げています。 

まず、犬が嗅ぐように、口輪を床に置きます。犬の反応が良かったら、おやつをあげます。

 次は、口輪の前部分のところでおやつを入れて、犬がマズルを口輪に入れておやつを取り出すようにゲームをします。ここに大事なのは、ペースが徐々に進めば、効果がもっと高くなります。取りあえず、急がないことが大切です。 そして鼻をうまく口輪に入れたら、犬におやつをあげます。口輪を押さずに、軽くサポートすることだけです。「いい子だね!」、「いいことだ!」など、ご褒美の言葉も大切です。 プロセスに勢いを付けず、軽くゲームとしてします。わんちゃんは「おやつを貰いたいので、口輪の中に頭を入れますよ」という風に行動できるまで、練習します。 

次の段階は、まず、口輪にマズルを入れて、その後で、褒美を与えることです。そして「口輪にお鼻を入れましょう」などのコマンドを教えます。まず、コマンドと行動で、そと後でおやつです。 次のステップは、ストラップを付けることです。バックルせずに、ストラップを首の回りに当ててみて、そして回りを見たり、犬と話したりすることなど、関係ない行動をいくつかします。そして、褒美を与えます。

 徐々に、ストラップが固定できるまで、練習を続けます。コマンドを言うこと、おやつをあげることを忘れずに。 最終的に、コマンドを出して、犬が気持ちよく自分からマズルを口輪の中に入れて、ご褒美を貰う状態になります。 これができたら、口輪が装着の状態で、犬の近く、公共の場とかに出かけて、犬の気持ちを見てください。
5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan