犬スポーツ-ウェイトプル


ウェイトプルとは、犬の引っ張る力が判断される、重量を引く犬スポーツです。犬の体重による階級に分けられます。また、重量が載せられる基により、カート引き、犬ぞりに分けられます。

ウェイトプルは犬の健康に良い影響を与えています。重量を引くことで、筋肉を成長させ、骨密度を上げ、心臓血管系を強化する効果があります。

ウェイトプルでよく参加する犬種はハスキー、ロットワイラー、ピットブルテリアです。また、コッカー、マスティフも一見見たら、力に欠けている犬種に見えますが、よく参加できます。


歴史

ウェイトプルは始めてジャック・ロンドンの本「野性の呼び声」で現れています。あの頃の多くの本では、ゴールドラッシュ時にアラスカ州からユーコン準州までゴールドを運んだ犬について書かれています。男は雪や氷で凍ったそりを犬に引きさせ、一番早く一定の距離で犬ぞりを引けた犬は優勝を勝ち取っていました。この遊びはアメリカ、カナダだけはなく、グリーンランド、ニューファンドランドまで、広く普及しました。また、あの頃犬はよく木材を海岸に運ぶことに使われていました。

この重量引き活動は段々犬レース形式になり、1978年に、犬レースに導入されました。色々なスポーツ団体がはェイトプルに積極的に興味を持ち、競技会が開催されるようになりました。

インターナショナル犬ぞりレース協会の積極的な団員はウェイトプルを個別の犬スポーツに見分けるように、ルールなど、評価基準を設けました。1981年にウェイトプルのルールが更に訂正され、1982年に優勝者に正式に初証明書が渡されました。ウェイトプルに参加する犬は特に1982-1983年に増加し、ウェイトプルは個別のスポーツとして成功しました。

1984年にはWeight Pull Association (国際ウエイトプル協会)が設立されました。その協会のおかけげで、現在ウェイトオウルはトレーニングセンター、ドッグショー、各種犬競技会の一部となり、犬に力を発揮させたい飼主さんを世界中から集めています。


ウェイトプル向けの犬 ~選抜基準~

ウェイトプルに向いている犬はいくつかの条件があります。一番重要な基準は体格と活発度です。70キロを超える、体重が重たい犬は、30キロまでの力強い犬よりチャンピンになりにくいです。経験者はサイズが大きくではないですが、十分に活発で、力強い犬のほうが選びます。肉体的構成と動きの特徴とハンドラーの希望が一番影響していますので、犬の血統はそこまで問わないです。

犬の足が力強く、丈夫な足指でないとだめです。ウェイトプルのトレーニングと競技会中には足には常に大きな負担がかかっていますので、足の形は丸型で、大きい犬が向いています。関節の形と長さは大きすぎではなく、短すぎではなく、適度な程度であることが重要です。ちょっとした不適切性でも、問題になる可能性があります。

ハーネスで動くために、胸の奥行きが深く、幅が比較的に広いです。肩は適度にカーブされている。背中は肩からヒップまでややカーブ(スロープ)します。背中も十分に強いです。背中が長すぎると、動きが非効率的になる可能性があります。

足の角度が大きく、小さくもなく、犬が重量と同じレベルに体を置き、力強く引けるようでいいです。。犬は強く引っ張るときに、強い背中が前部分をつりあわせます。上記の条件が満たさない場合、筋肉は正しく働かないです。

恐怖感がほぼなく、行動に集中している、引く意欲が強い犬がウェイトプルに良いです。また、飼主を喜ばせる意欲も大切です。





ウェイトプル用具

ウェイトプル専用のハーネスは犬のサイズに適切に選択されている場合、もっとも大切です。犬の怪我を防止するために、ウェイトプル専用に構成されているハーネスが必要です。均等に力を犬の体に分散し、毛切れ、摩擦を起こさないような構成が必要です。もちろん、丈夫な素材が大切です。

重量用の基は環境に応じる形を持つことが大切です。例えば、冬のとき、犬ぞり、夏は輪です。基は金属、砂等が入りますので、3トンまでの重さに耐えれるように非常に丈夫なものです。

ワーキングスペースは長さが10メートル、幅が2.5メートル以上です。スタートラインとワーキングスペースの間に、次の犬がスタートの用意をする、準備用のスペースがあります。




ウェイトプル競技会

自分の階級で4.8メートルで1分で犬がどんなに大きい重量が引けたか評価されます。競技会に健康状態が良く、1才から12才まで全犬種とミックス犬種が参加できます。

試合は次の階級に分けられます:

1) 超軽量 - 9キロまでの犬
2) 10~18キロ
3) 19~27キロ
4) 28-36キロ
5) 37-45キロ
6) 46-56キロ
7)57-68キロ
8) 無限 - 69キロ以上の犬


登録のとき、体重が、最低の数字まで四捨五入されます。例えば、35.8キロの犬は35キロの犬として登録されます。


スタートの重量基準:

10キロ以下の犬 -90キロ
19キロ以下の犬 -180キロ
28キロ以下の犬 -225キロ
37キロ以下の犬 -270キロ
46キロ以下の犬 -315キロ
45キロ以上の犬 -360キロ

ただし、審査員はより軽い重量を指示する場合もあります。

ハンドラーは1メートルで犬の後ろに立ち、犬をスタートラインから真っ直ぐ犬を誘導させます。競争時間はハンドラーの指示から若しくは犬が引き始めた時点から始まります。

犬は各級で、ラウンドづつ重さを引きます。ラウンドに連れて、重さが増えます。通常、軽い階級の犬に、20キロから25キロまで、重い階級は40~90キロまで重さがあがります。通常5~12回のラウンドがあります。

ハンドラーは犬に触ったり、おやつをあげたりなどが禁止されています。声のみで応援できます。また、たるむ状態のみでリードの誘導が可能です。

犬の引っ張る行動の動機にハンドラーの指示(コマンド)がありますので、犬の健康にダメージがなく、競争できます。

犬に触ったり、犬に対して攻撃的になったり、また犬がリングで審査犬やそのアシスタントに対して攻撃的になると罰が与えられます。

自分の階級で、一番重い重量が引けた犬はその階級で優勝者になります。同じ階級で、最低限3匹の犬が競争します。2匹以上の犬が最大の重さが引けた場合、時間が一番短い犬が勝ち取ります。時間も一致したら、体重が軽い犬が優勝です。


ウェイトプルタイトル

競技会で自分の階級でもっとも重い重量を引いた犬はMWP(モーストウェイトプールドMost weight pulled)一番大きい重量を引いた犬と呼ばれます。

競技会全体で記録が一番高い犬はRecord Holder of The Year年間記録者となります。


国際タイトル:

WD-working dog – 働く犬 -自分の体重より12倍大きい重さを4回の競技会では引いた犬
WDX – working dog excellent – 優秀な働く犬 ―自分の体重より18倍大きい重さを4回の競技会で引いた犬
WDS - working dog superior – 超優秀な働く犬 -自分の体重より21倍大きい重さを4回の競技会で引いた犬


記録

国際ウェイトプル協会(IWPA)によると、次の記録があります。

2005年 424キロ
9キロまでの階級 
アメリカのピットブルテリアサンチャーハ

1997年 1834キロ
46-56キロの階級
ロットワイラーマイナード

1997年 2447キロ
無限の階級 
イングリッシュマスティフSly

2004年に113キロ
犬ぞり 9キロまでの階級
ジャックラッセルgingersnap


2003年 771キロ
37-45キロ階級
ブルドッグSnug

2001年 630キロ
無限階級
アラスカン・マラミュートChunka

5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan