シュッツフント~咬む防衛訓練~

シュッツフント~咬む防衛訓練~

シュッツフントの防衛片袖の訓練は ①歯で咬む、②咬み越し、③戦い、④アジテーション棒が使用された戦いと言う四つの段階があります。

最初ロングリードを使った訓練が行われます。防衛ヘルパーは柔らかい片袖を装着します。

次は、噛み付きタグを使用しながら、ヘルパーは訓練用保護スーツを付けます。この段階の目標は犬ができるだけ奥歯深くまで片袖を噛むことです。この段階で成功か失敗、ヘルパーがすべての責任を担います。


ヘルパーが片袖を上過ぎ、下過ぎではなく、だいたいウェイストレベルで適切な位置で噛むタグを持つことが大切です。

ヘルパーが右利きの場合、片袖を左手に装着します。その場合、衝突のときに、ヘルパーは後ろに手を置き、犬が片袖で傷されることを防ぎます。右手を伸ばしながら、バランスを保ちます。

犬が片袖を噛むときに、ヘルパーはバランスを保つように、左手を前に出します。ここで「咬み越し」という段階が始まります。ヘルパーは犬を引っ張って、片袖を噛むように手で犬を誘導します。ハンドラーか訓練士は犬が十分に動きの自由を持つように、ロングリードで犬をコントロールします。犬の噛み付きがよく、練習が成功している場合、硬い片袖が使用されている次のシュッツフント段階に進めます。

数回練習してから、ハンドラーは犬に自由を与えるように、オフリードにします。ハンドラーか訓練士は犬の近くに立ちます。練習は犬が片袖を「勝つ」、褒美を貰うことで終わります。

次のシュッツフント段階は完全にヘルパーの能力によります。ヘルパーは最初にゆっくりで片袖を動かし、次々と動きを強くて速くします。動きの速度と質は犬の性格と戦う能力に応じて選択されています。

最後に、犬を叩くようにヘルパーが使うアジテーション棒かムチを使った練習です。


ヘルパーは、犬が怖くならず、片袖を離さず噛んだままで持ち続けるように、犬の動きをゆっくりさせながら、殴打するに一番良い瞬間を選びます。


犬が強く片袖を噛んで、戦う確保を示しているときに、叩くに適切な瞬間です。棒で犬を軽く殴ることで、犬がファイトするように興奮させられます。しばらくしたら、ヘルパーは犬に片袖を譲ります。

   

棒で叩かれた後に、犬が片袖をやめて、噛まない場合、噛みこし段階か噛む段階に戻らないといけないです。そのときに、ヘルパーは犬がその見た目に慣れるように、手で棒かムチを持ちます。

訓練された犬は叩かれることに慣れて、無視する時があります。叩かれた後に、犬が口から片袖を出し、あきらめる場合、殴打に不適切な瞬間を選んだヘルパーの責任かもしれないです。


シュッツフントとはどんなスポーツ?と詳しく知りたい方はこちらへ

5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan