犬の社会化

犬社会化の大切さ ~わんちゃんを社交的にするコツ~


犬の社会化とは、他の犬や人とのコミュニケーション、社会的交流する相手を見つけて、正しく行動する能力です。犬のコミュニケーションスキール、いわゆる犬社会化期は1.5~2ヶ月まで育ちます。その能力は他に犬の環境は成長します。特に、母犬との遊びや交流を通して、は正しい社会的行動について知識を見に付けます。

まだ柔らかく、骨や肉等、硬いものを噛むことに不十分の状態にある歯を持つ子犬の頃は犬は自分の噛む力をコントロールする能力を見に付けます。

遊び等を通して、他の犬の反応から判断して、犬はどの程度の方で噛んでもいいと感覚が付きます。お互いに噛み付いたりすることで、犬は痛みについて知識、機敏さ、勇気、行動の巧妙さ、忍耐力等、様々な能力が付きます。

子犬の成長に連れて、歯と爪が鋭くなりますので、母犬はがお乳を上げているときに、痛かったら、声を出したり、唸ったり、押し倒したりすることで、「痛いよ」、「ここまでしてはだめ」と犬に噛む力をコントロールするように、しつけを与えます。

上記のプロセスがうまくいったら、犬は正しく他の犬、人とコミュニケーションを取ったり、自分の優先順位がわかったり、場面に相応しい行動を取ったりできるようになります。



わんちゃんを飼うときに、社会化の重要性をしっかり意識する必要があります。不適切な社会化また犬社会化不足は他の犬や人に対する警戒心、コントロール不足、様々な問題行動の原因になります。

特に一軒家で犬を飼っている方は一見みたら、犬がいつもよい気分で、幸せそうな環境ですが、外に出かけると、以外と怖がったり、臆病になったりします。

このような環境に住んでいる犬とよく人がいる所で散歩したり、郊外や旅行に一緒にでかけたりすることが大切です。ご愛犬が緊張し、不安になったりする場合、落ち着かせて、優しくしてから、散歩を続けてください。


知らない環境に出かけると、犬の大好きなおもちゃをもって、ご愛犬の友達と一緒にでかけたりすることも良いです。また、飼主の落ち着いた、自信を持った気分も大事で、子犬は飼主に頼りやすくなります。正しい行動をするときに、ご褒美を上げることが大切です。

アパートで特に子犬を飼っている人はちゃんとトイレを設置し、毎日でかけなくても大丈夫だと思い、良い天気を待ちがちで、、犬は必要以上に家に時間を過ごします。その結果、犬は精神的ストレスが溜まり、行動に問題が起こりやすくなります。

精神的に健康で、社交的な犬を育てるには下記のポイントが大切です。

― 犬の社会化をできるだけ早い時期から始めることが良く、まだワクチン接種を済んでいないわんちゃんでも、手に持ち、回りの騒音に慣れさせるために、散歩に出かけてたりすることで、子犬社会化の始まりとなります。

― 成犬になるまでには、できるだけ多くの音に慣れるように、色々な場所に愛犬を連れると良いです。バス、車、電車、賑やかな通りなどにでかけてください。散歩のルートを変えることも大事です。

―犬が不安になっている場合、落ち着いた、優しい声ではげまし、軽くなでると良いです。またおやつをあげるのも良いです。

―犬は公園で走っているランナー、自転車、わいわい遊んでいる子供たちに無反応になっているはずです。不安になっている犬は精神的にストレスがあり、お世話することが大切です。

―沢山の犬が集まっているドッグショー、トレーニング場所にでかけることが良いです。

―愛犬は他の犬を怖がったりする場合、絶対避けないでください。怖がったりすることで、問題の解決にならないです。素早く、犬がいる環境で愛犬を置き、できるだけ多く、頻繁に交流する機会を設けてください。他の犬が損を与えない、怖くないと意識させるまでに積極的な交流が必要です。


5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan