成犬の引き取り

成犬の引き取り

飼主の初心者はよく成犬を飼い始めるかどうか悩んだりしていますね。新しい家への慣れるプロセス、社会化、しつけに関しては数々の課題点があります。

もちろん、子犬より成犬飼育のほうが難しいですが、あまりにも気にする必要がないです。保護センターからの引き取りは尊敬されるべき行動で、チャレンジする価値があります。

犬を小さい頃から飼い始める理由は子犬のほうが早く環境に慣れたり、飼主の要求や性格に合わせて育てやすいからです。確かに、子犬のほうが勉強が早く、慣れやすいです。成犬に関しては、飼主の配慮と欲望がもっとも大切です。犬の年齢が高ければ、高いほど、性格が既に安定して、環境の変化は大きなストレスとなります。その理由で、成犬がちゃんと回りに慣れてからでないと、しつけやトレーニングに進むことができないです。

成犬を飼う ~長所と短所~

まず、成犬が必要かどうかちゃんと決めないといけないです。成犬は子犬と違って犬の家具をだめにしたり、夜迷惑をかけたり、汚くしたりしないかもしれませんが、犬の性格と前のしつけは飼主の想像と期待に合わない場合があります。

最初は新しい家が怖く、毎日散歩しても、不適切排便する恐れもありますし、精神的にストレスが大きいため、うつ病になっちゃったりすることもあります。

成犬を引き取る前に、できるだけ詳しく前の飼主の状況、健康状態、譲る理由を調べてください。引き取りが決まりましたら、獣医に見てもらったり、健康の状態を確認する必要があります。

成犬の性格は既に安定しているので、雷や花火が怖かったりなど、それぞれの特徴もあるかもしれませんので、それに慣れないといけないです。






初対面


最初飼主は犬にとってよその者で、これからの信頼関係、優先順位の正しい環境構築が飼主の努力によります。

捨て犬か以前飼主があった犬かに関係なく、犬との初対面は優しく、穏やかな環境で行うことが大切です。

始めて犬に近づくときに、すぐ手でなでたりすることが避けたほうがいいです。犬が飼主を気づかないことなど、通常の反応です。もっとも大事なのは攻撃性、恐怖が一切ないことです。次に、しゃがんで、犬の名前を呼んでみて、好きなおもちゃやおやつを見せてください。犬は自分から行くべきです。しっぽを振って、穏やかさを示すまでに、手で触らないでください。開いた手の平を伸ばして、犬が自分から近づいて、嗅ぐと良いです。その後、頭ではなく、口の下、首、鼻をなでて、触ってみてください。

もし犬が攻撃性を示したり、落ち着けなかったりする場合、その犬を引き取らないほうがいいです。

各犬は特別ですが、通常の行動のパターンと性格は次です。

臆病な犬は会ったときに、地面に体、耳や尻尾を押し付けたり、唸ったり、立ち去ろうとしている様子を示します。このような犬は新しい環境に慣れることが非常に遅く、激しい音、回りの人に怖がったりします。

臆病と攻撃性を持つ犬は上記の特徴の他、大きい声で吠えたり、襲おうとしてすぐに逃げてしまったりします。犬がパニックになった場合、コマンドを聞かない、コントロールできないときがあります。飼主に強く反発されると、すぐ逃げてしまう行動を取ります。

精神が安定している犬は初対面で飼主を気づかないこと、落ち着いた興味を示して、近づいて、嗅ぎます。

飼主から犬を引き取る場合、前使っていたお皿、おもちゃ、用具等も受け取ってください。それ以外の場合、前もってすべての必要な用具を用意してください。
最初の頃、一番大事なのは、厳しいルールを設定して、犬のストレスとか関係なく、ちゃんとそれに従うことです。

しつけとトレーニング

犬が家に慣れるまでに、穏やかな雰囲気を作ってください。来客、音が大きい音楽などを避けてください。一人で犬を長く残さないでください。

しつこく犬とコミュニケーションしたり、他の家族のメンバーが積極的に犬にいったりしないほうがいいです。外で育った犬はスペースが制限している家に慣れにくいので、最初はできるだけ多く散歩したり、外でのしつけを行ってください。基本コマンドから始めて、少しづつ難しくしてください。

犬の状態が難しくても、初日からしつけを行うことが大切です。小さないたずら、不適切な行動でも許さず、丁寧にしつけを進めてください。

一番大事なのは、飼主の粘り強さ、愛情と配慮です。犬が初日からすべてのルールが分かって、すべての家族のメンバーを受け入れると期待しないほうがいいです。我慢強く、時間をかけて、愛犬と触れ合いを続けてください。初回できなくても、あきらめず、次々と進んでください。犬は優しくて、ちゃんと世話をしてくれる飼主が現れたと同時に、飼主には良い友達が現れたから、それを大切にして、困難を乗り越えて、友情を築いてください。

5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan