犬の問題行動

犬の問題行動 ~一般的な困る行動とその原因~

犬を飼うことは、健康的で楽しい時間の過ごし方で、飼主とご愛犬の生活を豊かな情緒で満たす方法だと言えます。しかし、多くの飼主は犬の問題行動と遭い、その解決方法について悩んだりします。経験のある飼主はもうかなり詳しいかもしれませんが、問題行動の原因とその本質で悩んだりする方、わんちゃんを飼い始めたばかりの飼主、これから犬を飼いたい方にわんちゃんの行動心理を簡単にご説明いたします。



吠えることが犬の自然的な態度です。ただ、声が大きすぎたり、 頻繁すぎたりすると、問題になりますね。吠える態度の理由はいくつかあります。警戒、興奮、注意を引くこと、不安、退屈、他の犬の吠え声に答えることなど。


2. かじる

ものをかじることはの自然的な行動ですが、家具や飼主の私物をかじることになったら、困りますね。まず、かじる行動の原因を把握しないとだめです。退屈、エネルギー解消、子犬歯磨き、不安、好奇心などが一般的です。

対策としては、面白い、安全で、耐久性に優れているおもちゃを犬に用意してください。また、自分のものを犬が届かないところで保管してください。


家を出るときに、犬の行動ができる場所が限られているとチェックしてください。犬が家具等のものをかじっているところを見て、直ぐ反応してください。犬が因果関係を分からなくなるので、ものが壊された後で叱っても意味がないです。



犬が穴を掘ることはテリア等の特定犬種の本能の一部で、犬に必要な行動です。猟犬によく見られる癖です。一般的に、穴掘り理由は次です:退屈、エネルギー解消、不安、恐怖感、捕獲本能、快適な場所作り、骨やおもちゃを隠すことです。

よく穴掘りは庭を壊すなど、飼主に困る程度の行動となります。そのとき、有り得る理由を考えてみてください。穴掘りの問題を解決するために、もっとも効率的な方法はご愛犬と過ごす時間を増やすこと、もっとトレーニングをさせること、もっと場所やおもちゃを上げることなどです。それでもその癖がなくならない場合は、犬穴掘り行動用の場所を用意してください。例えば、犬が好きなときに穴掘りができる砂の箱です。

4. 分離不安

犬分離不安よく起こる問題行動です。犬は飼主に執着しすぎて、一人ぼっちに残されると、非常に不安になります。分離不安の原因としてよく排泄、噛み付き、発声等があります。しかし、必ずしも、上記の問題の原因は分離不安だけではないです。

分離不安症状

-飼主が出ようとするときに、犬が不安を抱きます。
-問題行動は飼主が家を出てから15~45分後で起こる
-犬は飼主をどこでもいつでも付いていく
-犬はいつでも飼主の近く、飼主に触れる距離にいる

分離不安の場合、トレーニング、練習、プロフェショナル対応が必要になります。
症状が激しい場合、治療薬が必要になります。

5. 不適切な排尿・排便

  犬の不適切な排尿・排便で家具等をだめにしたり、ものが臭くなったり、他人に犬が拒否されたりするときがありますね。このような行動の原因にはよく健康の問題があります。まず、獣医師に相談したほうがいいです。健康には問題がなければ、次の原因も考えられます。縄張り、不安、注意を引くことなどです。12週間までの子犬にはこの問題が普通ですが、成犬のときに起こる場合、行動修正が欠かせないです。


6. 請い求める

多くの飼主は請い求めることが犬の日常的な態度になるまでその問題を放っておいていますが、逆にもっと激しくなります。なので、今無視したら、次はどこまで達するか考えないといけないですね。

まず、わんちゃんのかわいい、頼んでいる目を見て、すぐ食べ物をあげる誘惑がありますね。しかし、好きなときに犬に食べ物をあげることが犬の消化問題、肥満の原因となります。飼主は犬の健康を考えて、犬にあげる食べ物と食卓の食べ物をちゃんと分けるべきです。

因みに、犬群れの中で、群れリーダーから食べ物を求めることはないです。請い求める癖を防ぐために、家族が食べているときに、犬を別の部屋かところに残すことが一番いいです。犬の態度がよかったときに、家族が食べ終わったときのみにおやつをあげてください。

7.  追跡

犬の追跡は捕獲本能の一環ですが、他の犬の追跡、動物、車、通行人の追跡は悲しい結果にいたる可能性があります。その防止対策として、飼主は次のことをやるのがいいです。犬をリードさせること、呼ばれたら犬が直ぐ来ることを練習すること、ホイッスル等犬の注意を引き換える、音を出すものを持つこと、ランナー、公共の場等の引き金があるときに、特に注意することです。


挨拶したり、注意を引いたり、優先権を主張したりするために、が人に飛びつくときがあります。しかし、犬の飛びつきは迷惑、危険になるときもあります。もっとも効果的な方法は無視することです。ノーアイコンタクト、無口、ノータッチ等です。



噛み付きは子犬にとっては環境を知る自然的な手段です。しかし、成犬はどうして噛んだりするでしょうか。原因は次になる可能性があります。攻撃される不安、縄張り、痛み、病気、威嚇、捕獲本能です。


10. 攻撃性

犬種に関係なく、どんな犬でも攻撃的になる可能性があります。その原因は噛み付きと同じのときが多いです。まず、攻撃性のサインを見かけましたら、獣医師に、犬訓練士に相談したほうがいいです。原因はそれぞれありますので、愛犬また周りの人の安全を守るために、しっかりしたアプローチが必要となります。






5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan