犬が噛む理由


犬が噛む理由

犬にとって噛むということが自然的なコミュニケーション方法ですが、時々問題になる行動です。多くの飼主はどうして犬が噛むかと悩んでいますね。その理由について様々な意見がありますが、そのいくつか挙げます。


歯は犬の消化システムの一環で、食べ物を噛み砕く手段ですが、これがその唯一の機能ではありません。歯は犬の世界で重要なコミュニケーションツールでもあります。


子犬の頃から犬が噛んだりすることでお互いに交流します。噛む遊びにより、歯の力をコントロールする能力を見に付けます。噛む力が強すぎると、他の犬は唸ったり、「この行動がだめだ、いやだ」と合図を送ります。また、母犬が犬の毛を噛んだりすることで、子犬が噛む力をコントロールするように意識させます。


子犬はどんなものでも歯で試して噛みたいです。その方法で飼主の手を含み外の世界を研究しています。飼主や人の手の甘噛みでも絶対にほっておかないでください。人を噛んでもいいという意識で、力強い成犬になって、将来襲う可能性があるからです。子犬に遊びでも噛まれたら、「やめ」とコマンドをし、他のものに注意を引かせてください。

  

噛むことが理由で、多くの飼主は犬をあきらめて、犬の収容施設にあげたり、安楽死にさせたりします。しかし、噛む行動は教育不足が一番の理由で、よく思われている悪い遺伝子とは関係がない場合が多いです。

もちろん、遺伝子も影響しています。ピットブル、ドベールマン、ロットワイラー等、多くの犬種は元々攻撃性が高く、噛むことが自然的なニーズです。

     

44本の犬の歯は死にいたりうる犬の武器だと言えます。また、攻撃の主な手段でもあります。


攻撃性の三つの種類

犬がいったいどうして噛むのでしょうか。

犬の攻撃性の本質が三つのタイプがあります:

①捕食性
②階層性
③防御性


① 捕食性とは、犬が空腹で、獲物に対して攻撃的の状態です。知的問題で、空腹の犬が突然理由もなく、家畜を襲う場合があります。しかし、捕食性攻撃を猟犬の捕食本能とまぜないことが大事です。

犬群れの捕食性攻撃は特に危ないです。人を獲物として勘違いし、襲う可能性があります。特に一人でいるとき、このような群れを避けてください。

② 階層的攻撃性とは、群れの中でだれかが優先権を奪おうとしているときによく起こります。犬は階層性が厳しい群れで生活する動物です。リーダーが先に獲物に口を出したり、他のメンバーの行動を決めたり、群れの統一性を維持したり、繁殖をコントロールしたりする役を担っています。

犬が自分の位置をちゃんと分かると落ち着きます。群れを自分の家族として思っているからです。飼主は子犬にとってリーダーの役になっていますが、成長に連れて、犬は群れの位置を高くしたい意欲を持ち、結果的にリーダーになろうとしています。飼主が気づかないうちに、犬はリーダーになったこともよくあります。

家族の中で誰がリーダーの役であるかと、どうやって分かるのでしょうか。

リーダーは家でもっとも快適で、楽な場所を取ります。この状態は他の家族のメンバーをコントロールしやすいからです。ソファーとかから犬を追い出そうとしている場合、犬が怒ってうなったら、間違えなく自分が家族のリーダーだと思っています。

飼主がリーダーの位置を取り戻そうとしたら、犬が攻撃性を示して、飼主が噛まれる可能性があります。一回でもこのような行動を許したら、他の問題が起こった場合、犬がすぐ噛む行動を取ります。

小さい頃がら、飼主がリーダで、飼主が犬のオーナー、稼ぎ手だとちゃんと意識させないといけないです。このルールを守れば、階層性攻撃に遭わないです。

③ 防御性攻撃は犬が恐怖を感じたり、異常な環境にあったりするときにある得るパターンです。犬がストレスを感じるとき、突然噛んだりする可能性があります。このようなとき、犬が噛む力をコントロールしない場合が多いです。また、傷付けられた犬も攻撃性を示したりします。その理由で、獣医診察に行くとき、口輪を装着することが大切です。

    

犬と正しくコミュニケーションをとる方法が分からない子供は犬を怖がらせて、噛まれる可能性もあります。怪我を避けるために、見守りなく、子供を犬と一人で残さないことが大事です。


5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan