どんな時、犬口輪が要る?

どんなとき口輪が要る?


口輪の使用目的

① 犬訓練
② 使役犬、警察犬のトレーニングを行うハンドラーの安全を守るため
③ 人や他の犬を、気性が激しい犬から守るため
④ 犬と練習するときに、飼主を守るため
⑤ 飼主がいないとき、ものを噛む癖を防止するため
⑥ 犬が初めて新しい家に来たとき、他のペットを守るため
⑦ 獣医師診察、治療のとき
⑧ 犬が子供やお客さんに対して反抗的な態度を示すとき
⑨ ものを壊すことを防止


犬の口輪だけで済まないときもある!

 よく、お互いに否定感を示している犬が同居する場合、どれの口輪がいいと聞かれたりします。実は、このようなときに、口輪ではなく、犬小屋とプロの犬訓練師が行うトレーニングが一番必要になります。

 犬の口輪は問題を表面的にカバーするだけで、解決方法にはならないです。他の犬に攻撃的なワンちゃんに口輪を付けても、いつか飼主のコントロールがないとき、大きなトラブルが生じる可能性が高いです。

 犬と子供に関しては、口輪は部分的だけ問題を収める方法です。口輪を付けたままの犬でも、絶対に子供と留守番させないでください。

 警察犬訓練師は犬がどの程度危険かチェックする必要があります。攻撃的な犬は大人の歯を打ち壊したり、目を傷したり、骨を壊したりするまでできますから。

 口輪は一時的な対策に過ぎないもので、しっかりしたコントロールとトレーニングで一番効率的に犬の行動を変えることができます。

5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan