犬を口輪に慣れさせるコツ

犬を口輪に慣れさせるコツ

犬口輪の種類 


 犬の飼い主はよく口輪という問題に直面しており、この記事で飼主が正しく犬 口輪を選ぶように、その特徴と慣れさせる方法について書きます。 まず、使用目的に応じた犬用口輪(マズル)をご紹介いたします。

プラスティック製犬口輪は軽量で、犬訓練に便利ですが、日用使用に不十分です。

革製犬の口輪(犬 マズルガード、マスク)金属より軽量で、柔らかく、犬に優しいですが、暑いときや水飲みに不便です。弊社の商品はわんちゃんに優しくなじみ、鼻を守る柔らかいフェルトの裏地が付いています。無駄吠え防止用口輪、拾いくい防止口輪、お散歩マスク、長頭犬種用口輪など、用途に応じてほぼすべての犬種に合う革 口輪がございます。

  
                  革 口輪

 ・金属製犬口輪低温に向いていないし、飼い主の怪我の原因になる可能性がありますが、とても丈夫で、通気性が良いです。警察犬訓練、使役犬活動、軍事犬、探索犬のマズルガードとしてぴったりです。 
 

 ・ナイロン製犬 口輪はよく擦れたり、口吻全体を覆う口輪は犬の通気性を悪化させることがあります。 また、気性が激しい犬に簡単に噛み壊される可能性がありますので、訓練に、暑い天気に向いていないです。 


 
 犬を口輪に慣れさせる方法が沢山あります。まず、口輪に対して、ポジティブ若しくはニュートラルのことのみを連想させることです。犬にとって嫌な作業をするときに、まだ慣れていない状態で口輪をつけないほうがいいです。また、犬を叱るときも、口輪を使わないでください。口輪は犬にとって、全く不安のないものになるべきです。さらに、犬に一番ぴったりした口輪を選ぶことが大事です。口輪が窮屈だったり、擦れたり、口吻を締めつけたりしないようによくチェックしたほうがいいです。

 犬を口輪に慣れさせるトレーニングを段階的に行ってください。 


 ステップ① 口輪との出会い!

 まず、犬がよく口輪を嗅ぐ必要があります。口輪が怖いものではないことを意識させるためです。ただ、犬が口輪をいじったり、噛んだり、足で踏んだりするまで行かないことに注意ください。愛犬が口輪に対して落ち着いて、優しく口輪を扱い始めるまで少し待ってください。 できましたら、次のステップへ! 


 ステップ② 「口輪がおやつの箱だ」!

 ご愛犬の好きなおやつを口輪の穴に入れてください。つまり、犬がおいしいご褒美をもらうために、口輪に鼻を入れないといけないことですね。 口輪全体を犬に装着させないでください。犬が口輪に対して恐怖を感じて、「このナニカに鼻を入れたら、そのナニカに捕まえられて、逃げられなくなる」の思いをさせないことに注意することが重要です。 

 時々、犬がおやつを食べるために、口輪に鼻を入れずに、ズルイ方法を活かしますが、正しい行為だけの場合、ご褒美をあげてください。

「おやつは口輪の中に鼻を入れたいい子のためだけだ!」という簡単なルールを守ってください。 犬が次のおやつをもらうために、口輪に2・3秒鼻を入れたままで待つようになるまで練習を続けてください。


 ステップ③ 「口輪が友達だ!」

 犬が鼻を口輪に入れたままで静かにいられる行為に対して、ご褒美することが大事です。この段階の時も、口輪を全部かぶらないでください。犬が長ければ長くほど口輪に自分で鼻を入れたままの状態になることを目指し、 時間を少しづつより長くして、おやつをあげてください。

 犬が5・7秒落ち着いて口輪に鼻を入れることになったら、そのベルトをしめて、おやつをあげて、そして、またベルトを外してみてください。 数回この練習をしてみて、犬がバックルの音等に無反応になるまで、続けてください。次、犬がベルトがしめた状態の口輪で鼻をできるだけ長く入れることを目指し、装着時間を長くしながら、えさをあげてください。 


ステップ④ 初散歩!

 最後、口輪を全部犬に装着させて、摩擦する、押されるところがない、また犬が口輪を外せないことにしっかりチェックをして、散歩にでかけてみてください。 この段階で、大多数の犬が口輪を外し始めます。ここで一番重要なのは、口輪を外させないことです。犬の注意を別のものに向けるために、「コイ、コイ」と呼んだり、今まで犬が行ったことがない、犬にとって面白いであろうと思うところに行かせてください。 愛犬が落ち着いて、慌てず、口輪を外したりせずに従ったら、おやつをあげてください。犬が興味を持つものを嗅いだり、遊んだり、他の犬を見たりすることになったときだけ、口輪を外してみてください。 

 数回口輪練習だけの散歩をしてみてください。毎回犬が口輪を装着させたままの時間を少しづつ長くしてください。 犬が口輪を外してみているときに、絶対口輪を外さないでください。犬が口輪を気にしない、自分で外してみたりしないときのみ飼主に外されるものと意識させてください。 


犬口輪をご利用するお客様の声:

 
 必ず知っておきたいこと

 犬が嫌がる作業(治療等)前に口輪を装着する必要があったら、必ず予めに口輪をつけてください。「口輪を付けられた、嫌なことが待ってる」と考えさせないことが非常に大切です、 その作業が終わったら、簡単なコマンドをし、口輪を外さないままでおやつをあげてください。同じ日に、口輪を数回装着してみて、口輪に対して否定感がなければ、またおやつをあげてください。 口輪が嫌なこと前だけに付けられるものでなはく、いいこと前にも付けられるものだと犬に教えてください★


犬用口輪サイズをどうやって測るかについて知りたい方はこちらへ

犬 マズルガード 寸法を測る方法という動画説明もぜひご覧ください。


弊社のTOP10人気商品をぜひご覧ください!


5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan