パックウォーキング

パックウォーキング

群れで歩くことは知らない犬を仲良くさせるいい方法です。また、お互い嫌がっている犬を受け入れさせる方法でもあります。パックで歩くとき、他の犬に対してどんな嫌な行動でもすぐ直さなければなりません。

犬は繋がっているリードで歩いている時に、一つの群れ、まとまった塊としてお互いを認識しています。その群れのリーダーはリードを握っています。群れはリーダー(飼主)に従い、その後を歩いています。犬は飼主の前になったら、直ちに自分のことを群れのリーダーとして認識し始めます。

犬と歩いている人は自分の上位を守り、他の犬に対するアグレッションのサインに迅速に対応しなければならないです。お互いに嗅いだりは大丈夫ですが、群れの動きに妨げたり、ストップしたりしないことが大事です。

犬は気持ちに非常に敏感な存在なので、リードを握っている人は常に秩序を守り、自信をもって歩かなければなりません。その方法で、自分のリーダーシップを保つことができます。

パックウォーキングのため、2頭引きリード、3・4匹の場合、多頭 リード多頭飼い リード)をご利用できます。

5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan