犬リードをつけて歩く

       リードウォークの基本 

引っ張ることなく、オンリード散歩のコツ~

 楽しく愛犬と歩けることが、ワンちゃんにも、飼主にも快適なリラックスのひと時ですね。ただ、このような落ち着きは犬がリードを引っ張らない、飼主が犬に引かれている存在にならない限りです。そのために、オンリードウォーキング訓練が必要不可欠です。特に、獣医診察のような、犬にとって不愉快な時は、オンリードウォーキングのスキルは安心した気分の維持に欠かせないです。小型犬の場合、手で犬を持つ選択肢もありますが、ジャーマン・シェパルド、グレート・デーンの場合、オンリードウォーキングの基礎を身に付けることが、愛犬と飼主の快適な気分の基になります。



オンリードウォーキング練習のコツ

 まず、適切な購入から始めることが大切です。犬のサイズや犬種の特徴に応じて、ちゃんと選択された革製或いはナイロン製のカラーとリードを買うことが大切です。セットで購入することが一番いいです。選んだカラーは緩いもの、窮屈なものではなく、愛犬の首回りに沿う、装着感が快適なものにしなかればならないです。カラーは耳の直ぐ後ろに固着されると、犬に簡単に外されやすくなります。また、犬が成長するに連れて、サイズに相応しいカラーの再購入が必要です。

 散歩に出かける前に、まず、カラーを装着してみてください。ほとんどの犬は首輪を気にしないですが、逆にイライラする犬、外し始める犬もいます。その時、犬を首輪に慣らさせる必要がありますが、時間はそんなにかからないです。

 次、首輪を装着してから、リードを繋いで、オンリードで家の回りに歩かせてください。その際、犬がリードに絡まないように注意してください。リードを気にしない状態になったら、犬の後ろにいて、オンリードウォーキングをして見てください。

 その後、外出しても大丈夫です。犬を優しく扱い、正しく行動したことの小さな見返りも考えてください。また、家に帰るときも、リードを使ってください。


引っ張りなしのウォーキング

 どんな愛犬家でも、引っ張る犬の問題はよく知っていますね。犬の引っ張る癖を直すために、カラーと忍耐力が必要になります。まず、どんな手を使って犬と散歩することを決めてください。よく飼主は左手でリードを持って犬と歩いています。また、犬と飼主の位置も考えておくと良いです。例えば、朝ジョギングに犬と一緒に出かけたいとき、怪我、邪魔を避けるために、犬を自分の横に走しらせてください。普通にリラックスしながら歩きたいとき、犬の位置はそんなに気にしなくても大丈夫です。ただ、リードを引っ張らないことが大切です。

 まず、支障のない場所を歩いてください。指定した所の回りにウォーキングしてみてください。その後、数回次ぎの練習をしてください。手でリードを持って、「来い」と指示を出し、前へ進みください。犬が飼主にとって快適なスピードで歩くとき、優しく愛犬を扱い、ご褒美をあげてください。毎回歩くときに、5・6回その練習を続けると、絶対いい結果が出ます。


5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan