超大型犬の色々

超大型犬の色々~数字で分かる超大型犬と超大型犬との暮らし~

超大型犬の定義は?

超大型犬とは、それぞれのところにより、体重が30kg以上、40kg以上の犬だと定義されています。

基本的に40kg以上の犬です。Wikipediaによると、50kg以上の犬の定義があります。

超大型犬の体高は60cm~100cmの犬種です。もちろん、100cmを超える巨大犬もいます。


超大型犬の価格

超大型犬をブリーダーや訓練所から購入する場合、10万~数百万の値段があります。チベタンマスティフという世界で最も高価な犬は2億円した犬がいるという記録があります。


超大型犬 人気ランキング~世界でどんな超大型犬が好まれているのか。~

ニュー・ファンドランド
グレイハウンド
イングリッシュマスティフ
セント・ベルナード
レオンベルガー
グレート・ピレニース
ブラック・ラシアン・テリア
アイリッシュ・ウルフハウンド
スコッチッシュ・ディールハウンド



超大型犬の毛

超大型犬 黒毛の犬種

ニューファンドランド
グレートデン
アフガン・ハウンド

超大型犬 白毛の犬種

グレートピレニーズ
ボルゾイ
コモンドール
サモエド
巨大プードル


超大型犬 茶毛の犬種

グレートデン
チベタン・マスティフ
ニューファンドランド
アイリッシュセッター


超大型犬 短毛の犬種

グレートデン
イタリアングレイハウンド (イタグレ)
ドーベルマン
サルーキ


超大型犬 長毛の犬種

ニュー・ファンドランド
ボルゾイ
コモンドール
サモエド
アフガン・ハウンド



超大型犬をどこで買う? 超大型犬の室内飼い、室外飼い -その方法と使う犬用品

超大型犬は体が大きく、活発な犬種で、いきなり室内で放すと、犬のしつけにもならないし、家にもなにかのダメージを与える可能性があります。特に、はじめて超大型犬を買うときに、適切な大きさのケージを用意して、犬が自分だけの場所でいられるスペースの用意が、犬のメンタルヘルスに非常に大切です。例えば、余裕がる場合、また、犬だけが入られる和室がよく合います。

台所、ドッグオーナーの寝るところに入らないように、室内用扉、フェンスを使うことができます。また、経済的な方法の場合、サークルを設置して、中にはマットを敷いて、犬が快適にいられる場所を作ることもできます。

また、獣医師への運搬、災害ときの運搬、介護を考えると、持ち運べるキャリーバックバリケンネルを準備することが大切です。素材はプラスティック、木製、金属等色々があり、愛犬の多き、強さ、また設置する場所に応じて選ぶことが大切です。また、ソフトタイプのクレートも形とデザインが色々ありますので、犬にも優しく、重さがそんなにしないので、便利です。

室外で買うと、超大型犬 犬小屋ドッグハウスコテージケージも良い。ただし、室外だと、犬の病気、多犬との交配等、見えないうちに起こりえる問題もあり、常に犬の状態をチェックすることが大切になります。 


超大型犬のヨダレ~どうしてよだれを出す?~

大型犬は抜け毛の他、よだれが多い犬種もいますので、飼う前に、犬種の特徴について知っておくことも大切です。

ヨダレが非常に多い超大型犬はマスティフ、ニューファンドランド、セント・バーナードが挙げられます。

どうして犬がよだれが出るかというと、犬は人間のように、汗をかくことできないので、その変わりに、舌を出して、吸気を吸って、よだれをかいていることで、体温調節しています。

また、食べ物を見て、食べ物が通りやすくなるために、唾液が分泌します。
しかし、大量でヨダレがずっと溜まっている場合、病気の証拠にもなることがありますので、わんちゃんの健康状態をチェックことが大切です。

よだれの良い対策には、よだれかけ(スタイ)があります。可愛くて、デザインが素敵なアイテムも多く、わんちゃんの姿に可愛さを与える他、お散歩中、お出かけ中に、よだれを拭いたりしやすく、ドッグオーナーさんも安心です。

5% Banner
Copyright © 2018 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan