大型犬との暮らし

 大型犬との生活の色々

①大型犬をどこで飼う?

大型犬の室内飼い派屋外飼育派がございます。

大型犬の室内で飼う場合、わんちゃんがいつでも見える範囲にいるので、飼育しやすいですが、子犬は電気コードなど、危険で、細かいものをかじったりする危険性もありますので、室内の管理は手間がかかります。また、犬だけがいるスペースが必要となり、大型犬が入られる和室、犬 サークル等を設置する場所を考えることが大事です。


大型犬の屋外飼いの場合、外の庭にケージ、犬舎を設置し、わんちゃんにいつでも野外活動を楽しんでいただけます。ただし、常に目が行き届かないので、急病、他犬で襲われたりすることに気をつけないといけなく、定型的にわんちゃんの状態をチェックすることが大事です。また、天気、季節に応じた対応も必要となります。




②大型犬は何を食べているのか?

大型犬は大きさがあり、大量のフードが必要となりますが、大型犬餌の中身にも十分に気を配る必要があります。

化学添加物に気をつけて、肉の分がたっぷりで、アレルギーを起こさない穀物が入っている餌を選ぶことが大切です。

大粒タイプのドライフード、ウェットフードをうまく組み合わせして、わんちゃんの健康を確保できます。

また、自分で犬のご飯を作るドッグオーナーさんもいます。わんちゃんに食べてもいいものと食べてはいけないものがあり、気を付けながら、材料をお選びください。

肉のほか、まぐろ、サーモン等魚類も犬に食べられるものです。トマト、じゃがいも、さつまいも、レタス、人参も犬に食べれるもので、人間のようにしっかりし野菜量を取ることが大切です。

犬は以外とくだものも食べえる動物で、いちご、りんご、柿なども与えることができます。
犬フードとして避けたほうがいいものは、生肉、加工肉(ハム、ソーセージ)、海藻、ねぎ、ナスです。

大型犬、超大型犬 手作りご飯はわんちゃんにも健康的で、ドッグオーナーさんにも節約できるので、色々メリットがあります。

ご愛犬にどんなフードが良いのか、詳しく調べて、健康的な食生活を与えてください。

③大型犬の留守番 どんな対策とコツがあるのか?

犬は分離不安になりがちな犬種もいますが、基本的に留守番ができ動物です。

大型犬 留守番を始める前に、簡単な訓練をすることが良いです。最初ちょっとだけ一匹で家に残して、そして少しづつ時間を増やしてください。犬が吠えたり、うなったりする間に、家に入らないでください。犬が静かにしたときだけで、入って、褒美を与えてください。

成犬は一日で四時間以上残さないようにすることが望ましいですが、共働きの人もいますので、犬種やそれぞれのわんちゃんに応じて、対応することが大事です。長時間での留守番でストレスがたまらないように、獣医師さんなどの相談して、適切な対策を採ることがよいです。犬は社交的動物なので、おもちゃがあっても、幸せでいるように人も必要で、ご愛犬との十分な触れ合いを考えて、一日の計画をすることが大切です。

6ヶ月前の子犬は2時間以上に留守させることがだめで、共働き等の状況でしたら、ペットシッターのサービスを使うことが良いです。

室内の留守番に、犬が快適にいられるスペースの準備が大切です。ケージ、サークル、和室など、わんちゃんだけの場所に、トイレスペースとバリケン、餌、おもちゃ等、必要になるものをおいてください。

留守番する前に、朝には良い運動をさせてください。オフリートレーニング、急ぎ足の散歩、匂いを嗅ぐ散歩等が犬にとっては、体の運動だけではなく、知的刺激にもなります。


通常のフード用ボールだけではなく、賢いフードディスペンサー、知玩具を詰めて、留守番中に、わんちゃんを忙しくさせることも良いです。

     

多くの犬は一日中おしっこの我慢ができますが、体によくないので、ドッグシッター、ドッグウォーカーのサービスを使うことも良いです。

また、情報技術が進んでいる現在、ドッグオーナーさんの声が記録されているペットカメラもありますので、使うと、留守番のわんちゃんを安心させます。



④ 大型犬が飼えるマンション~大型犬賃貸~

ペット相談可能というマンション

マンションでペットを飼育することは、設備の損傷、匂い、泣き声等を考えると、トラブルが起こりやすく、ペット相談可能というマンションは基本的に少ないです。

一般的に猫より、犬のほうが受け入れやすいです。特に、成犬は大人のイメージをしますので、多くの大家さんに意外と受け入れやすいです。小型犬も、飼育スペースが少なく、匂いも、声も大きくないので、飼いやすいです。

ただし、ペット相談可能の敷金が1-2ヶ月程度大きくなる場合もありますし、小型動物より、お金がかかります。マンションを決めるときに、大家さんと賃貸の方と相談することが大事です。また、ペット可のマンションはよく駅近く、逆に、駅から遠く、不便な立地にある物件が多いです。


5% Banner
Copyright © 2018 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan