犬 動機付け


犬 動機づけ



犬訓練は色々と手間がかかります。時間だけではなく、飼主の我慢力と粘り強さも欠かせないです。

犬がなにかを挑戦したり、練習を続けたり、成功したりすることに動機付けが必要です。トレーニングの動作はすべて犬にとっていいものに関連させることが大切です。

犬にどうやって動機を付けるのか?

実は、飼主の積極的な関心は、犬に一番大事なことです。飼主と犬間の関係です。もちろん、トリーツとおもちゃも大事ですが、一番重要なのは、飼主と犬のコミュニケーションです。犬と飼主の間に、しっかりしたコンタクトがあれば、わんちゃんはおその人に付いたり、ほかの動物や子供に迷惑をかけたりしないです。

飼主としっかりコンタクトを持つ犬は服従しやすく、コマンドに従います。その理由で、若い頃から子犬とできるだけ多くの時間を一緒に過ごすことが大切です。

インタラクティブゲームは、ただボールを転がすより、ずっと効果的です。



犬と良い関係を築いたら、コントロールと誘導が簡単になります。吠えたり、引っ張ったり、人に迷惑をかけたりするトラブルなしで済みます。集中している犬は回りの騒音や人に注意を与えることなく、どんな環境でもトレーニングができます。

犬の一番いい動機は飼主です。色々な環境で訓練をしないと、突然のことで犬はすぐ注意力を失います。

トリーツで動機付けを与えることも大事です。しかし、おやつに頼りすぎないように注意する必要があります。トリートだけで訓練すると、犬が慣れすぎたら、おやつなしでしつけができなくなります。おやつはご褒美として与えるだけできます。逆に、おやつの後で、練習することが避けたほうがよいです。

褒めごともいい動機付けです。「よしよし」、「いい子だ」と短くて、優しい声で言う必要があります。また、愛撫は効率的な動機付けです。成功した練習の後、素晴らしいご褒美です。でも、褒めごとだけはあまり力がないです。ほかの動機付けと一緒に組み合わせるとよいです。

多くの犬は飼主とのゲームが好きです。ゲーム自体はいい動機付けとなります。インタラクティブなゲームは飼主と犬の関係を強めます。そのため、犬訓練はゲーム形式にすると、効率性がより高くなります。

 
               犬 噛む おもちゃ

練習は面白くて、短くする必要があります。犬が長く練習を続ける雰囲気を作ると、練習の動機を高めます。

どんな方法でも練習が終わってから数秒後与えることが大切です。でないと、犬は褒美の意味が分からなくなります。正しいことでいつも褒めると同時に、、正しくなかったら、叱らないことも大切です。

  
5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan