犬の攻撃性

犬は攻撃性を示す場合

犬は他の犬に対して攻撃的になったりすることはよく起こることですが、最初の症状から対策をしないと、飼主にも他人にも迷惑をかける恐れがあります。

下記に攻撃性が発生する理由、対策と予防方法についてご説明致します。

犬が他の犬に対して攻撃的になる理由

犬が他の犬に対して攻撃的になる理由は主に運動不足、都会の環境、訓練不足です。多くの飼主は一日で20-30分しか犬と散歩をしないので、犬が一日で蓄積しているエネルギーを解放する機会がありません。散歩するスペースが足りないと同時に犬が特に多い大都会では、犬がストレスを感じて、攻撃的になる傾向があります。また、他の犬との接触不足、生活するスペース不足は精神的緊張を更に高めます。

その他の理由:

・犬が病気している
・性格の特徴(優位性を築こうとしている時)
・不適切な教育、訓練不足
・攻撃的態度が無意識で認められたとき
・喧嘩で成功した経験
・喧嘩で得られた恐怖感や外傷

どうして犬が攻撃的行動をとるのか?

犬が攻撃性を示しているとき、罰が緩すぎ(穏やかな声での指示、緩いリードでの引っ張り)か厳しすぎ、両方とも攻撃的な行動の原因になる可能性があります。

犬の喧嘩は優位性を築こうとしている犬がリーダーになりたいから、より高い順位を得たいことで起こります。飼主は喧嘩を止めようとして、リーダーになったばっかりの犬を引っ張りとって、割り込んだら、負けた犬が優位性を奪うので、今後また喧嘩が発生する可能性が高いです。逆に、飼主が割り込まない場合、喧嘩がより早く済む可能性があります。犬の優位順位が同じの場合、喧嘩を防ぐ方法がないので、同じ優位性順位を持つ犬と一緒に散歩しない方法がお勧めです。

犬が攻撃的で、どうしたらいいかわからない場合、下記の行動を取ることがいいです。

ステップ① 犬が病気がないか、獣医に診察をしてもらう。
ステップ② 犬のリーダーになってください。家に先に入ったり、階段を先に下りたり、上がったりすることを禁止してください。ご飯を食べるときに、机から食べ物を与えないでください。遊びたい、なでられたい気持ちを無視して、好きなことに制限をかけてください。ベッド、ソファーで寝ることを禁止してください。
ステップ③ 経験のある犬訓練士の下で、服従訓練を行ってください。
ステップ④ 攻撃のときに、餌を与えたり、なでたりすることで犬を落ち着かせないでください。
ステップ⑤ 犬が不安定のとき、他の犬に近づかず、距離を置いて散歩してください。
ステップ⑥ 散歩の時間を1-時間~1時間半まで増やしてください。
ステップ⑦ 攻撃的な態度のとき、体罰を与えないでください。注意を他のものに引き付けさて、刺激源に近づかないほうがいいです。

犬の口輪(マズル)、網型、多犬種用  

5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan