どうして犬口輪が必要?


どうして犬口輪が必要?~犬用口輪についての様々な意見~

犬口輪って絶対必要なのか、犬口輪が犬にストレスなにか、使っても大丈夫の犬用品なのか、愛犬に付けても可愛そうじゃないのか、犬口輪なしでいるようにしつけができないのか、犬用マズルガードを巡って様々な意見と悩みがあり、各ドッグオーナーさんが直面する課題です。この記事では、実際になんのために口輪を使っているのか、色々なドッグオーナーさんの意見を集めました。

         
       犬 口輪 金属          犬 口輪 革

「答えは簡単、「噛み付き防止」だと考えやすいですね。飼っているコリーとシェパードが亡くなったまで私もそう思っていましたが、両匹とも中毒で死亡して、口輪の大切さが分かりました。犬は賢い生き物ですが、たまに変なものを食べたりするので、自分って反応するチャンスもないので、余計つらいです。一つだけよく頭に入れました。自分の犬が生きてほしいなら、いつでも口輪をつけようということです。しかし、どうして口輪を付けているかと聞かれたら、噛み付き防止マズルだと答えます。皆様の口輪を付ける理由は?」


「口輪が中毒対策として無効だと思います。必ずしも食べて中毒するわけではないですね。空気と毒を吸収することだけでももう十分です。でも、口輪はゴミや鶏肉や魚の骨等の犬の「好物」を食べてしまうことを確かに防ぎますね。」

「飼っている犬は大きくないですが、いつも口輪を装着させています。多くの人は犬が嫌だったり、怖がったり、犬と一緒に歩くことが回りの人に迷惑だと思ったりするので、口輪を付けます。」


「市内歩くといつも口輪を付けます。確かに、口輪は中毒から犬を守らないです。犬が拾い食いをしないようになってほしいなら、子犬の頃から拾い食い防止トレーニングをさせたほうがいいと思います。その悪い癖を直すために、今ってしつけ方法が非常に豊富です。」

「口輪は不安になっている周りの人の不満から守っています。大体の人には、大型犬が攻撃するときに口輪が傷から守らないと説明しにくいですね。犬は人に飛んで、頭で打つことだけでももう重傷を負うことに十分です。特に金属製犬用口輪を装着するときです。」

「私は革製犬用口輪を使っています。犬にもっとも快適だと思っています。革製口輪は軽量で、犬の鼻に摩擦したり、押したりしないです。装着しやすいし、犬が舌を出すこともできます。もちろん、革製口輪を付けても噛むこともできますが、自由な口より安全ですね。とりあえず、周りの人から見ると礼儀正しいです。多くの人は犬種の特徴、口輪の構造についてよくわからないし、犬に口輪が付けてあると見て安心できますね。口輪付きの犬が危険ではないというステレオタイプがありますね。」



「周りの人の安全を守るために、飼主はちゃんとしつけをさせて、理由もない周りへのアグレーションを示した場合犬を叱るべきだと思います。訓練士とのレッスンが必ず必要です。トレーナーはどうやって、どんな時に人を攻撃することとか、叫んでも、手を振っていても一般の人に静かに反応すること等を教えることができますので。」

「もっとしっかりした口輪は攻撃仕事のために使われています。正確に言うと、閉鎖型革製口輪です。訓練士は犬の動きをコントロールし、傷を防止するために、犬のジャンプ、攻撃に覚悟する必要があります。閉鎖型口輪は防衛スーツが壊されることを防ぎます。自分の防衛スーツが壊された後に、閉鎖型口輪のよさが分かりました。」


「口輪は中毒防止よりも、安全な散歩と公共場での移動に必要だと思います。子供だけではなく、大人も犬が怖い方がいるので、周りの人にも、自分にもトラブルを起こす必要がないと思います。土から犬が拾い食いしないように、ちゃんとしつけされたほうがいいと思います。簡単なことではないですが、ちゃんと訓練されましたら、土から変なものやゴミを拾うことはないと思います。うちのは土から拾い食いしないし、よその者から物をもらわないです。口輪は獣医診察にも必要ですね。診察の際、温度を測ったり、包帯を巻いたりすることをおとなしくさしている犬がいないので。犬が医師を噛んだら、獣医師も自分も大変になりますね。」 

「犬が散歩中に中毒することが大変怖かったです。その理由で、犬が土からなにも拾わない、よその者の手から食べ物をもらわないようにしつけさせていました。でも口輪も持っていますよ。子犬のときに、本革の口輪を噛んでしまったので、皮革代替製の口輪を購入しました。口輪をあくまでも犬用アクセサリー、周りの人を落ち着かせるものとして使っていました。だって、犬が攻撃的になったら、なにも止められないですね。メッシュタイプの口輪ワイヤータイプの口輪も持っていますが、交配、公共の場での移動など、特別な機会だけでしか使わないです。ベッギーはそれが嫌で、見た瞬間に唸ったりします。ある日、ベッドの下で隠れたまでになりました。閉鎖型の革製口輪も持っていましたが、ベッギーは吸収しにくかったです。直ぐにあきらめました。犬の口輪をいつも鞄に置けます。犬が落ち着いているときに使わないですが、親子を見かけたときに直ぐ付けます。」


「我家のクルジャールを飼っていた時に、犬の拾い食い等の問題を知らなかったです。彼は目が優しすぎて、周りの人に迷惑をかけたり一切しなかったです。でも、ダルメシアンのときに、別の方向からその問題を見るようになりました。まず、彼は掃除機みたいに、土からどんなものでも拾い食いをします。次、彼と一緒によく公共交通に乗ったり、彼が会った人をどんな人でも怖がらせたりしていました。そのため、口輪を購入することにしました。正直で言いますと、口輪は一つの機会だけに効果的でした。周りの人を落ち着かせることです。しかし、それでも土からの拾い食いを続けていました。口輪はその障りになれなかったです。」

- 外出するときに、いつも口輪を付けます。隣の人はシェパードの怖い様子が怖がったりします。エレベーターを使っていますので、入ったり、出たりするときに、子供も大人もいる可能性がありますので、口輪を付けます。特に子供は犬がエレベーターにいることを期待せず、開けたドアに走りこんだりするので、犬は子供を怖がらせるかも知れないです。また、犬を飼っているのに、自分も変な犬を怖いので、周りの人の気持ちがよく分かります。ある日、郊外の別荘から家に帰るときに、隣の人にも車で連れてくださいと頼まれました。でも、彼は後ろの席に犬を見たときに、あきらめました。その年寄りの方に助けたくて、彼を落ち着かせて、口輪を付けて、一番後ろに犬を座らせました。でも、同時に、今飼っている犬を売ったブリーダーさんは犬の心理学をよく分かっているので、真っ直ぐ吠えている犬に近づいて、犬は彼のリーダーシップを受けて、吠えることをやめました。もちろん、口輪は犬の歯からの保護ですね。あと、獣医診察のときに必要です。通りや公共の場を歩くときに口輪は付けますが、人がいないところに自由をさせますね。

- 賛成です。口輪が必要不可欠な犬用アクセサリーだと思います。回りの人を守るものとしてだけではなく、中毒防止や移動のときに必要です。良い発明ですね。

犬が外のもので中毒されると怖くて、いつも口輪を付けます。子犬にでも口輪を付けていました。それでも、彼は腐った鶏肉を拾い、中毒されました。治療は長くて、大変でした。だから、口輪が一番です!絶対無視しないください!

- 体の特徴に応じて口輪が似合わない犬もいますね。我家のイングリッシュブルドッグは広い鼻で、口輪が使えないです。中毒に関しては、かなり効率的だと思いますね。ただ、うちの犬は足に毒が付いて、帰ったときそれを舐めて、中毒しました。命を救うことが大変でした。

- 今は幅が広い鼻の犬種専用の口輪がありますね。特定犬種の特徴に応じてデザインされています。素材、デザイン、形でも選択できますね。ただ、一つだけ注意させたいことは夏の暑い日に口輪を付けることです。それても、付ける必要があれば、吸収に障りを与えないように十分に余裕がある物でないとだめです。

- 犬用口輪は社会的規範だと思います。人は犬が怖いです。他に人を落ち着かせる方法がないですね。ご愛犬の中毒死亡の原因は外からなにか拾ったことだったかもしれませんね。一見外からの中毒に見えますが、実は私たちは中毒だと思うときはもう感染の最後のステージで、黴菌が犬の体に入ったことがずっと前で、ただ、体の免疫がそれと戦っていたのかもしれませんね。

- 口輪が付けてある犬も怖いですね!

- 犬に口輪が装着されている場合、犬が攻撃的で、コントロールできていないという通行人のステレオタイプはどう思いますか?

-犬をケージに入れても落ち着かない人がいますね。

- 我家の犬は両匹とも口輪に慣れさせてありますが、いつでも装着しているわけではありません。獣医師に行くときに、いつも口輪を持っていきます。たまに、口輪装着を求める医師もいます。また、公共の場で犬に口輪を付けます。

- ブラックテリアの雌を飼っていたときに、アパートに住んでいました。口輪を付けて散歩に出かけて、人があまりいない川のところに自由にさせていました。口輪を問題なく付けさせていましたが、問題は彼が一つの動きだけで口輪を直ぐに外していました。口輪の装着が緩かったとかと思うかもしれませんが、実はぴったり鼻や頭にあわせましたし、歩く際にぶかぶかもしなかったし。なので、口輪は周りの人を落ち着かせる飾りだと思います。

- 口輪を付けないです。あまり正しくないと分かりますが、4.5才の犬を口輪に慣れさせるのが遅いと思います。しかし、ドッグスクールに通い、犬の安全と周りの人の安全のために、口輪のしつけをさせました。犬には問題はなかったですが、口輪を買いました。我家のサンターは鼻が広く、口輪の選択肢があまりよくなかったです。スーパーで買い物をするときに、装着しましたが、彼は3秒で口輪を外しました。いくらきつく締めても、いつも同じです。なので、犬は小さい頃から口輪にしつけさせないとだめですね。因みに、交配のときに、犬が攻撃的になるので、とても助かります。


- 口輪なしで、犬と一緒に歩いています。口輪を付けるときに、周りの人、特に子供は安全だと思い、近くに来たり、手で触ったりします。ある日、バスに乗ったときに、ある人は指をワイヤー口輪の中に入れました! 犬が嫌になって、その人は指を引くことが間に合いましたが、「口輪ででも噛める!」と怒りました。もちろん、自分も誰かが口に指を入れようとしたら、嫌になって、噛みます!今は口輪無しで歩いています。周りの人がよく私たちのことを知りますし。

- 革製口輪を持っていますが、公共の場での移動のみに使います。たまにしか使っていないので、口輪はほとんど未使用です。我家のドーベルマンは体長が74cmですが、非常に静かで、社交的なので、獣医師に行くときでも、口輪を付けないままです。拾い食い中毒に関しては、よく毒を匂うだけでももう十分なので、口輪があまり効果的ではないと思います。そのため、訓練が一番いい方法だと思います。


5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan