犬語の活かし方


犬語~犬が飼主をもっと理解できるコツ~


犬は声を使って、情報や気持ちの表現を伝えている動物です。唸ったり、吠えたり、泣いたりすることが他の犬とコミュニケーションをとる犬語の部分で、声の高さ等によって、様々な意味を伝えます。

飼主も違う声を使うことで、犬に、より正確に思っていることを伝えることができます。犬が声に対してとても敏感で、特別な声と身振りを組み合わせることで、犬がよりよく飼主を理解できるようになります。ただ、同じコマンドを違う声で言うと、犬が迷うかもしれないです。

例えば、散歩に出かけるときに、優しく「。。ちゃん、散歩しよう!」と言ったら、高い声と優しいイントネーションにより、散歩はより楽しく、快適になります。




手の身振り

コマンドと手の合図を組み合わせることで、犬のトレーニングをより効率的にすることができます。身振りは目で見るもので、犬にとって理解しやすいです。微妙な動きでも犬にっては意味があるので、自分の身振りと犬の反応を観察してください。

同じ家族のメンバーでも、声の高さが違ってても、同じ身振りをしたら、犬がコマンドを正しく読み取ります。また、犬の聞く能力が時間とともに衰えても、子犬のときから身振りも教えられたら、将来飼主のコマンドを読み取りやすくなります。

顔の表現と犬語

飼主を聞くときに、犬の気持ちの変化に気づいたことがありますでしょうか。頭を回ったり、質問するように、頭を横に曲げたり、目を直接見たりなど。犬は人のように、頭と顔を気持ちを表すために使っています。人は犬に比べて、より多くの表現が使えるので、それを活かして犬とのコミュニケーションをよりしやすくすることができます。

例えば、スマイルと「いい子だね!」という優しい声での言葉で、犬は自分が好かれている、自分の行動が良いと理解します。逆に、犬が悪い行動をした場合、低い声で「悪い子だ、だめ」と言って、寂しそうな顔をすると、その気持ちがより正確に犬に伝わります。



犬の身振り

犬は他の犬と挨拶したり、遊んだり、戦ったり、優先順位を主張したりするために、身振りを使っています。友達にあったら、楽しくジャンプしたり、とてもフレンドリーな風の態度を取ります。逆に、優先順位を表現したいときに、他の犬を遠ざけるために押したり、他の犬の肩部分に頭を置いたりします。飼主も同じふうに、身振りコミュニケーションをとることができます。

犬の臭覚

犬は嗅ぐことで、場所、他の犬、人、ものを知り、沢山の情報を取得しています。すべての犬が臭覚がとても鋭く、人に追跡や狩猟に使われています。犬がどれだけ長い時間を使って、土にあるもの等を嗅いでいることを見てください。

例えば、他の犬が他の犬の便を嗅いだら、犬の性、その犬との今の距離等の情報を読み取れます。

飼主もその犬の能力を活かすことができます。例えば、料理をするときに、「食べる時間だ」と犬に伝えることができます。数時間家から出たいときに、バニラの香を部屋に付けることができます。数回この行動を繰り返せば、犬が臭いと行動の関係性を気にするので、バニラの香は飼主がちょっと出かけくるという意味と解釈します。

5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan