外での攻撃


外での攻撃~どうしてよその犬が噛む~

まず、よその犬がなぜ他の犬や人を突然噛んだりすることについて明らかにする必要があります。

場合によりますが、主に次の理由が挙げられます:

1. 自分の領域を守ろうとしている攻撃性

犬は警戒心が強く、見知らぬ人や動物が自分のテリトリーに入ろうとしたら、攻撃性を示めす動物です。犬の育ち環境により、その態度がより強くか低く反映されています。

2. 群れ(パック)を守ろうとする攻撃性

犬はパック(群れ)で生活する動物で、見知らぬ領域にいても、群れがいつもそのメンバーを守ります。

3. 捕食性攻撃

捕食することが犬の本能なので、動いているものを捕食する意欲が自然的です。

4. 優先順位を上げようとする攻撃性

犬の群れの中で、優先順位を上げようとする本能的な行動です。


犬の攻撃リスクを低下する行動

1. 飼主が自分の犬をコントロールできないときに、よその犬とその犬の領域に入らないください。

2. 既にその領域に入ってしまい、犬が攻撃性を示した場合:

 ・ 領域を守る攻撃性に、捕食性攻撃を付け加えないように、走ったり、手を激しく動かしたり、また、背中を見せたり、絶対にしないでください。

 ・起こりえる噛み付きから身近な保護をすぐ考えてください。例えば、ジャケットを手に巻いたりするとか。

 ・アイコンタクトを取りながら、領域から歩き去ってください。

犬にとって、自分の領域に入った人を追い出すことが一番の目的で、噛むこと自体はその一種段だけです。なので、自分から立ち去ろうとすれば、犬が許します。攻撃を返せる相手と戦うことにあまり魅力を感じないからです。


3. 口輪やリードなしの犬と歩いている飼主に声をかけたり、見たり、話をしたりしないでください。犬と一緒にいるのは年寄りの方か子供の場合は、犬の行動をコントロールできない、また犬がコマンドを聞かない恐れがあるので、特に避けたほうがいいです。

飼主が急に気持ち悪くなった場合でも、犬が守ろうとしますので、人に近づかないでください。救急車か警察を呼ぶことが一番です。

4. 突然特に理由もなく、犬が速くあなたに向かって走っている場合、まず手を動かずに立ってください。回りを見て、領域侵入を起こしてないか、チェックしてください。ただ見に来た犬は、遊ぶことか捕食する理由がないと分かったら、静かにあなたをほっときます。

5. よく知っている犬でも、そのハウスに来たり、おもちゃを取ったり、犬を触ったりしないほうがいいです。もし、思わず犬のおもちゃを足とかで触ってしまい、犬が怒りそうな場合、おもちゃをほっといて、速やかにハウスを出てください。


また、犬とのコミュニケーションコツについてあまり知らない場合、外の犬を怖がらせないでください。優勢を示すことが攻撃のコントロールに大切ですが、犬の神経力と自分の能力のバランスを考えることが大切です。そこで失敗すれば、噛まれるのは避けられないです。

子供の場合、更に注意が必要です。犬は子供を大人と違うふうに扱っているので、領域侵入と関係している攻撃、防御性攻撃があまりないですが、捕食性攻撃、遊び攻撃が起こりえます。また、優先順位を主張する攻撃もあります。また、子供は大人が考えにないでもの行動を取る可能性がありますので、犬の反応が予測しにくいです。

犬とのコミュニケーションに当たり、子供が教われるべきルール:

1. 犬をいじめないこと

2. 犬のおもちゃと食べ物を触らないこと

3. 知らない犬が子供に向かって走っている場合、走らないこと、手を動かさないこと。とにかく落ち着いて静かにすること。

犬訓練の際、特別な必要以外、口輪の装着しなくてもいいという意見がありますが、最近の研究によりますと、口輪に段階的に慣らされた犬が装着のままでトレーニングができます。口輪により、犬がより強い自制心を持ち、他の犬に見たりすることなく、訓練に集中できます。また、訓練士の安全も大切です。リードなしのとき特に口輪が必要です。口輪が拾い食い防止や攻撃性の発生抑制に効果的です。


5% Banner
Copyright © 2017 dog-shop-japan.com. Powered by Dog Shop Japan